妊娠、出産

妊娠中のブドウ糖負荷検査って何をするの?私が体験してきました!

妊婦健診

こんにちは、おゆきです。

妊娠がわかった頃、嬉しくて浮かれまくっていた私ですが、妊婦健診時の採血の結果なんと「妊娠糖尿病」の疑いがあると言われ、ブドウ糖負荷検査(負荷試験)を受けることになってしまいました。

その時の体験談をまとめてみたので、参考にしてくださいね。

妊娠糖尿病ってなんだ

まず、妊娠糖尿病の疑いと言われても私にはピンときませんでした。

今まで糖尿病歴もないし、血縁関係にもいません。糖尿病って太っている人がなるイメージだったので標準体型の私には無縁の病名だと思っていましたし、もちろん妊娠糖尿病による母体や胎児に及ぼすリスクも全く知りませんでした。

妊娠糖尿病とは

妊娠時は血糖値が上がりやすいホルモンが作られます。そのため妊娠中期以降にインスリンが効きづらい状態になります。

通常の妊婦さんなら、この時期に膵臓が活発にインスリンを分泌して血糖値を上げないように調整しますが、このインスリンを十分に分泌できない妊婦さんがいます。

インスリンを十分に分泌できないと、血糖値が上がりやすくなってしまいます。これが、妊娠糖尿病です。

この状態は非常に危険で、早産を引き起こしたり、妊娠高血圧症候群や羊水過多症になりやすくなります。

また胎児は巨大児新生児低血糖が起きやすく、最悪お腹の中でなくなってしまうことも…。

太っていたり、両親や自身の兄弟に糖尿病歴がある場合や、流産早産の経験がある人、35歳以上の妊婦さんは血糖値が上昇しやすいと言われているので、妊娠時に検査をし、血糖値をコントロールする必要があります。

難しい医学的なことはわかりませんが、簡単に説明するとこんな感じの病気です。

妊婦健診で疑いありと言われた

採血

妊娠9週で受けた初の妊婦健診で、たくさん血を抜かれました。

そして採血の結果、血糖値が上限110mgdlのところ、私の数値は96mgdl(上限が100mgdlの病院もあるそうです)で、昼時の空腹時でこの血糖値は高い!とのことで、次の健診時に「ブドウ糖負荷検査をします」と言われました。

ブドウ糖負荷検査

妊娠4ヶ月の15週にブドウ糖負荷検査をしました。

ブドウ糖負荷検査とは、空腹時に一定量のブドウ糖を摂取し、1時間後2時間後の血糖値の上がり方を見て、糖尿病が隠れていないかをチェックする検査です。

まず、前日から9時間の絶食です!水分もNGです!

空腹時につわりがひどくなる私にはかなり過酷な絶食でした。

当日は健診後に別室の検査室に呼ばれ、一度採血をしました。その後机に置かれた検査用のサイダーを飲み、1時間待合室で待機。サイダーは普通のサイダーで、甘くて美味しかったです。

サイダーを飲んで少しお腹が満たされました。

1時間後また検査室に呼ばれ、採血をします。

その後また待合室で待機。

1時間後にまた呼ばれ、最後の採血でした。

「よっぽど数値が悪かったら電話します」

と言われ、かかってこないでー!と数日ドキドキしていましたが、幸いかかってくることはありませんでした。

血糖値が高くなった原因

検査結果

じゃあなんで、最初の採血で血糖値が高かったのか…

原因が判明しました。

ズバリ、健診の1時間前にパンを食べたから!

です…

先生はお昼時の採血だったので空腹時だと決めつけていましたが、実は待ち時間が長いだろうと予測していた私は健診前に家でパンを食べていたんです。

なぜかそれを言い出せず、そのままずるずるとブドウ糖負荷検査までしてしまいましたが、結果何もなくてよかったです!

採血があるからご飯は抜いてきて!と一言言ってもらえれば検査しなくて済んだんですけどね。

健診前は要注意

実は、妊娠後期に入ってまたもややらかしてしまったんです。

午後診での健診で、なんと尿糖が3+に!!(正常なら1+です)

先生もびっくりだったんですが、「お昼ご飯何食べた?」と聞かれ、よくよく思い出してみると…

ぶどうとパン…

「そりゃあ尿糖もでるわ!」と先生に笑われてしまいました…恥ずかしい…

健診前の食事にはくれぐれを気をつけてくださいね!

以上、おゆきでしたー!

こちらも読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です