子育て

子供の血液型検査の料金や実施場所、自分で調べる方法などまとめてみたよ

血液型のイラスト

こんにちは、おゆきです。

私が生まれた頃(昭和50年代)は、生まれた直後に子供の先天性の疾患を調べる検査と併せて血液型も調べることがほとんどでした。

ですがここ数年、血液型検査を行わない産科が増えてきているんです。理由としては、新生児から1歳頃までは検査に必要な抗体が検出されずに、間違った結果が出てしまうことがあるからなんだとか。

血液型自体が変化することはありませんが、大人になってから調べてみると親から聞いていた血液型と違った!ということがまれに出てくるのは、こういった新生児期の検査結果の間違いによるものなんです。

こういったトラブルを回避するために、新生児の血液型検査を積極的に行う産科が減ってきたんです。

でも、血液型は知っておきたい!どこで調べられるの?そもそも知らなくていいの?そんな疑問を解消していきたいと思います。

血液型は知っておかなくていいのか

まず、そこが気になりますよね。知ってて当たり前だと思っていた血液型を教えてもらえないって少し気持ち悪い気もします。

何かあった時知っておいたほうがいいのでは?と思ってしまうんですが…

結論から言うと、知っておく必要は全くない!のです。

輸血

血液型が1番必要となるのは輸血の時ですが、輸血の際は必ず血液型を病院で調べてから輸血するので、患者や家族からの自己申告を信じて輸血を行うことはまずありえません。

血液型を調べている猶予もない場合でも、ちゃんとそういう時のためのマニュアルがあるので知らなくても問題ないのです。

なので、血液型は知っていることにメリットもなければ、知らないことにデメリットも特にないということになります。

でもやっぱり知りたい!という方には…

子供の血液型を調べる方法あれこれと費用など

子供の血液型ってどこで調べられるの?いくらくらいかかるものなの?保険は適用されるの?色々気になる事を調べてみました。

まずは、調べる方法です。

採血をする時に同時に検査してもらう

1番スムーズな調べ方がこれです。小児科でアレルギー検査などの採血を行う際、同時に血液型検査もしてもらえば子供の採血回数も減る為、負担軽減となります。

ただ、病気での検査ではないので検査自体は保険適用外で実費負担となります。また、血液型検査は行なっていませんという病院もあるので、その点は事前に確認が必要です。

採血する機会なんてないよ!という場合、小児科で血液型検査のみ行うことも可能です。が、先述した通り、血液型検査を実施していない病院もあるので事前確認してくださいね。

自分で調べる

病院に行かなくても、遺伝子検査キットを使って血液型を調べることもできます。口の中を拭ったり唾液だけといった方法が取られるので採血の必要がありません。子供の負担が少なくて済みますし、採取したものを送付するだけなのでラクチン。なのですが、こちらはかなり高額なのがネック。ただ、遺伝子検査は血液検査より遥かに精度が高いため、より確実な検査結果が期待できます。


【血液型遺伝子検査】痛くない!DNAから調べる、ABO式血液型遺伝子検査キット(1名用)

血液型検査の費用

血液型検査は自費検査になる為、ものすごく料金に幅があります。病院によっては数百円のところもあれば、1万円近くするところも。

平均3000円前後と言われていますが、かなりの地域差があります。

私の住む地域は関西の政令指定都市で、かかりつけの病院での検査代は4000円でした。知らなくていいものを調べるのに4000円は高いなぁというのが個人的な感想です。

献血だと無料で調べてもらえますが、16歳以上からになるのでそれまで待って調べてもらうという手もあります。だいぶ先になりますが…

検査は何歳から?

新生児期から1歳までは抗体が安定しないので、確実な結果が出ないと言われています。

個人差はありますが、3歳ごろには抗体が安定してくるので正確な判定は早くても4歳以降が望ましいとされています。

入園、入学時に記入欄がある場合

子供の血液型を調べようと思うきっかけのほとんどが、入園や入学時の提出書類、名札等にある血液型記入欄の存在だと思います。

記入欄があると…気になりますよね。もしもの時のために記入したほうがいいのでは…と思ってしまうんですが、何か余程の理由がない限りは、記載の必要はないそうです。

息子が通う園でももちろん記入欄がありましたが、園に確認したところ、分からなければあけておいてくださーい、と軽く言われました。今の時代血液型が分からない子の方が多いので問題ないとのことでした。

まとめ

血液型を知っていて当たり前の時代を生きてきた私たち親世代からすると、知らなくてもいいよと言われても子供の血液型って気になりますよね。ただ、小児科でも検査を断られるケースが多いと聞いているので、今の時代すんなり血液型を知るのはなかなか難しいものがあります。

急いで調べなければいけない事情がない場合は、この先採血することがあったらそのタイミングで調べてみようかな。と頭の片隅に軽く置いておくくらいがベストかもしれませんね。

余談ですが、私が出産した病院は臍帯血から子供の血液型検査を行って退院時に教えてくれました。調べない病院が多い中、こういった病院もあるのでこれから出産を控えている方は病院に聞いてみてもいいかもしれませんね。

以上、おゆきでした。

こちらも読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です