妊娠、出産

妊娠中のブドウ糖負荷検査って何をするの?私が体験してきました!

母子手帳とエコー
妊娠するとすぐに血液検査があると思うんですが、わたしはそこで「妊娠糖尿病」の疑いがあると言われてしまいました。

どうやら血糖値が高かったそうで…後日ブドウ糖負荷検査(負荷試験)というものをを受けることになってしまいました。

わたしのようにブドウ糖負荷検査やるよ!と病院から言われた方に向けて、その時の体験談をまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

妊娠糖尿病ってなんだ

まず、妊娠糖尿病ってなんなの?!というお話から。

妊娠糖尿病はハイリスク出産になる

妊娠中は血糖値が上がりやすいホルモンが作られますが、妊娠中期になるとその血糖値を抑えてくれるインスリンの分泌が減ってきます。

通常の妊婦さんならこの時期に膵臓が活発にインスリンを分泌して血糖値を上げないように調整しますが、このインスリンを十分に分泌できない妊婦さんがいます。

インスリンを十分に分泌できないと、血糖値が上がりやすくなってしまいます。これが、妊娠糖尿病です。

妊娠糖尿病になると

  • 早産、流産
  • 妊娠高血圧症候群
  • 羊水過多症
  • 巨大児
  • 新生児低血糖

など、様々なリスクが伴ってきます。

母体だけでなく胎児にも影響が出てしまい、巨大児の場合4,000g超えになることも。

また、新生児低血糖などは出産前にお腹の中でなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

こんな人は要注意

このような人が妊娠糖尿病になりやすいと言われています。

  • 肥満(特に妊娠中に体重が激増した人)
  • 両親や自身の兄弟に糖尿病歴がある
  • 流産早産の経験がある
  • 35歳以上の高齢妊婦さん

このような人は血糖値が上昇しやすいと言われています。

治療は食事療法

野菜

妊娠糖尿病になると毎日毎食食べたものを書き出し、病院に提出してその都度食事指導をしてもらう…という話を看護師さんから聞きました。

一度に食べると血糖値が上がりやすいので、1日に数回分けて食べるというやり方もあるそうです。

おゆき
おゆき
カロリー制限がかなり厳しいそうでできるならシロであってくれ…と検査中願ってました。

妊娠糖尿病に関してのもっと詳しい情報はこちら→ メディカルノート

ブドウ糖負荷検査の内容

採血

妊娠9週で受けた初の妊婦健診で採血がありました。

その結果、血糖値が上限110mgdlのところ、私の数値は96mgdl(上限が100mgdlの病院もあるそうです)で、昼時の空腹時でこの血糖値は高い!とのことで、次の健診時に「ブドウ糖負荷検査をします」と言われてしまいました。

ブドウ糖負荷検査

検査は妊娠4ヶ月の15週頃に行いました。

ブドウ糖負荷検査とは、空腹時に一定量のブドウ糖を摂取し、1時間後2時間後の血糖値の上がり方を見て、糖尿病が隠れていないかをチェックする検査です。

検査前の注意事項
  • 前日から9時間の絶食
  • お水とお茶だけOK
  • 前日は食べ過ぎない
おゆき
おゆき
空腹時につわりがひどくなる私にはかなり過酷な絶食でした…
検査の流れ
  • 最初に採血
  • 検査用のサイダーを飲む
  • 1時間後採血
  • さらに1時間後に採血

3度の採血で終わりました。

おゆき
おゆき
サイダーは甘くて普通に美味しかったです♪

「よっぽど数値が悪かったら電話します」

と言われ、かかってこないでー!と数日ドキドキしていましたが、幸いかかってくることはありませんでした。

血糖値が高くなった原因

検査結果

じゃあなんで、最初の採血で血糖値が高かったのか…

原因が判明しました。

ズバリ、健診の1時間前にパンを食べたから!

です…

先生はお昼時の採血だったので空腹時だと決めつけていましたが、実は待ち時間が長いだろうと予測していた私は健診前に家でパンを食べていたんです。

なぜかそれを言い出せず、そのままずるずるとブドウ糖負荷検査までしてしまいましたが、結果何もなくてよかったです!

採血があるからご飯は抜いてきて!と一言言ってもらえれば検査しなくて済んだんですけどね。

健診前は要注意

実は、妊娠後期に入ってまたもややらかしてしまったんです。

午後診での健診で、なんと尿糖が3+に!!(正常なら1+です)

先生もびっくりだったんですが、「お昼ご飯何食べた?」と聞かれ、よくよく思い出してみると…

おゆき
おゆき
パンとぶどう…

「そりゃあ尿糖もでるわ!」と先生に笑われてしまいました…恥ずかしい…

健診前の食事にはくれぐれを気をつけてくださいね。

こちらも読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です