こそだて

堺の陶荒田神社にお宮参りに行ってきた。服装は?初穂料は?

陶荒田神社

こんにちは、おゆきです。

ずっと書くのを忘れていました!今回はお宮参りに行った話です。

我が家は生後100日ごろにお宮参りとお食い初めをいっしょに行いました。

お食い初めの記事はこちら。

【口コミ】お食い初めでかごの屋を利用したのでレビュー お祝い膳メニューも紹介 日本では子供が生後100日になる頃、100日を祝う儀式としてお食い初めを行います。 まだおっぱいやミルクしか口にしたことのない赤ち...

お宮参りは堺市中区の「陶荒田神社」で行いました。以前子宝祈願に訪れた際、すぐに妊娠したのであの時授けてくださった子が無事産まれました。という報告も兼ねてこの神社にしました。

家から近いというのもあるんですけどね。

お宮参りの服装、初穂料など

お宮参りに行った日は、1月だったんですが隣県の京都の市内で大雪が降るなどの大寒波が来ていた時期でした。

幸い堺市に降雪はなかったものの極寒でした!!お宮参りの時期も選ばないといけないですね…

親子の服装は?

夫はスーツでした。一番無難ですね。若い人はもっとカジュアルな場合もあるらしく私の弟は自身の子供のお宮参りでジーンズだった記憶があります。

年齢に相応しい格好をしていればいいかな。と思いました。

そして私は、アニエスベーのひざ下丈のワンピースとカーディガンにパールのネックレス、イヤリングにしました。

最初、結婚式に参列するような服装を考えていたんですがやり過ぎかなぁと思い、カジュアルになり過ぎない程度のキレイ目ファッションを心がけました。

親子

息子には、袴風ロンパースを着せました。

お宮参りといえば真っ白の産着のイメージだったんですが、もう生後100日経っていて丸々ぷくぷくの息子に産着は似合わず…

何かいい服はないかと探していた時に楽天で袴風のロンパースを見つけました。

これがすごく可愛くて、購入して大正解でした!

袴風ロンパース

サイズは、初節句でも着られるように80にしました。ちょっと大きかったですが、この日は極寒だったので厚めのロンパースを着せてからこの袴風ロンパースを着せることになり、結果的に大きめを買っておいて正解でした。

これ以外にもいろんなデザインがあり、めちゃくちゃ悩みましたが、唯一お手頃価格なのに綿100%だったのが決め手になりました。

ちなみに、ボタンは右の肩部分とパンツの右サイドにありました。最初は股の部分じゃないのかぁと思ったんですが、着せてみてわかりました。袴のパンツ部分のドレープをキレイに出すにはきっと股のボタンではダメなんですね。

よく考えられているなぁと思いました。

初穂料は?

初穂料とはお宮参りの際、神社に渡す祈祷料のことです。

神社によって初穂料は違うので、予約の際に聞いておくのがベストです。

「お気持ちで」なんて言われる場合もあるそうですが、相場は5,000円から10,000円なので、最低でも5,000円を包んでおくといいそうです。

陶荒田神社の場合、7,000円でした。

ご祈祷は本殿の中

本殿の中なんて滅多に入れないので、ちょっとワクワクしました。

家族3人お宮参り

中は思っていた以上に綺麗でした。

ご祈祷は写真の左側で行われました。息子は私の母に抱っこされスヤスヤ寝たままのご祈祷でした。

時間は20分ほど?ちょっと忘れてしまいましたが、そんなに長くはありませんでした。

お土産をもらったよ

手提げを頂いて家に帰って開けてみたところミッフィーのお茶碗、スプーンとフォークのセットが入っていました。

ミッフィーの食器

うち、男の子なんだけどなぁ…

でも、このスプーンとフォーク現在大活躍中です(笑)お茶碗はレンジNGなので少し使いづらいです。。。

陶荒田神社は小さな神社なので、お宮参りの際もほとんど参拝客に会うことはありませんでした。のんびりとしていて個人的に大好きな神社です。

安産祈願に行けなかったのを後悔していたので、無事に「産まれました」の報告ができてホッとしました。きっとこれからも末永く見守ってくださると思います。

以上、おゆきでしたー!

こちらも読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です