こそだて

子連れで京都のサントリービール工場に行ってきた!オムツ替えの場所など子供に関する気になるアレコレを紹介

サントリービール工場

普段何気なく飲んでいるビールやジュースってどこのメーカーか気にしたことあります?

我が家はジュースならなっちゃんが多く、ビールなら金麦をよく飲みます。(発泡酒も多いですが)

気付けばサントリー商品を割とよく買ってることに気付いて、そういえば京都にビール工場あったよね?行ってみようか!

という軽いノリで見学を予約し、2歳10ヶ月の息子を連れて行ってきました!

おゆき
おゆき
ちなみに、サントリービール工場は見学、試飲すべて無料で楽しめますよ!

工場見学って子供も楽しめるの?などなど子連れで気になるあれこれもまとめたのでご覧ください。

サントリービール工場 京都ブルワリーへのアクセスと近隣の飲食店事情

まずはアクセスから。

サントリービール工場京都ブルワリーは京都の長岡京市にあります。

京都ブルワリーのブルワリーとはビールを醸造している場所という意味。

ワインを作っている場所のことをワイナリーというのと同じですね。

話を戻しますが、

車で行くと試飲のビールが飲めないので、サントリービール工場へは電車で行くことを強くお勧めします。

無料シャトルバスがある

無料シャトルバス

阪急電車なら京都線の西山天王山駅

JRなら京都線の長岡京駅

この2箇所にビール工場からの無料シャトルバスが止まります。

西山天王山駅から乗るとJRの長岡京駅を通り工場にたどり着きます。

西山天王山駅からは歩いても10分ほどですぐですが、JR長岡京駅からは少し距離があるのでバスを利用した方がよさそうです。

帰りのバスに注意

工場見学の最終時刻の場合、帰りのバスがありませんでした。

最終時刻の見学ツアーに申し込んだ方は歩いて帰ることを頭に入れておいて下さい。

まぁでも、阪急なら工場を出たあと左にまっすぐ10分ほど歩けば駅に着くほど近いです!

工場周りには飲食店があまりない

工場の周りや最寄駅近辺には目立って飲食店等はなく、チェーン店なども見当たりませんでした。

唯一見つけたのは阪急西山天王山駅近くのファミリーマートくらいです。

工場内は試飲会場以外は飲食禁止で、食べるところはありません。唯一、ロビーでサントリーの天然水の試飲コーナーがあるだけです。

というわけで、見学前の腹ごしらえは事前に済ませてきて下さい!見学までの待ち時間、見学時間合わせても1時間半から2時間近くはあります。特に子供には長い時間になるのでしっかり食べてから見学に参加した方が無難です。

工場見学の流れと子供に関する気になるあれこれ

到着したらロビーへ

ロビー入り口
バスが到着すると、すぐにロビーへ案内され代表者のみが連れていかれました。

予約の確認等が行われたみたいです。

それ以外の人はロビーにあるお土産やさんでお買い物をしたり、綺麗な庭を堪能したりビールのパネルで記念写真を撮ったりと各々自由に過ごします。

庭を堪能

天気が良かったので庭の綺麗さが際立っていました。

息子も椅子に座ってほっこり。

庭

工場に来たとは思えないほど和めます。

ビールのパネルで記念撮影

ビールのパネル

瓶ビールや缶ビールのパネルのほか、顔はめのパネルなども置いてあり、今日の日付が書かれた壁の前で記念撮影ができます。

顔はめパネル
おゆき
おゆき
あ!逃げられた!

こんな感じでなかなか思うように写真が撮れませんでしたが、このあと案内役のお姉さんが家族写真を撮って下さいました。

オムツ替えは見学ツアー前に済ませておこう

トイレは見学ツアーが始まる前に済ませておいてくださいとアナウンスがありました。

受付の方に聞いてみると、工場内にもトイレはあるがツアーを中断することはできないので途中で抜けて行ってもらうことになるということ。

そして、子供のおむつ交換台は工場内にはないので受付ロビー近くの多目的トイレ内の交換代を使って、見学ツアー前に済ませておいてもらいたいということでした。

最初はシアタールームから

時間ぴったりに隣のシアタールームが開き、中でサントリーがこだわる水に関してのお話や、ビールの泡のお話、ビールに使われているダイヤモンド麦芽の試食などがありました。

シアタールーム

ダイヤモンド麦芽が意外と美味しくて、息子も美味しい美味しいとご機嫌で食べていました。

シアタールームでの時間は20分ほど。

子供は途中で飽きてしまいゴソゴソ…

そして工場内へ

シアタールームを出て更に外へ出て敷地内を歩いて工場まで向かいます。

ただこの日は最高気温36度超えの猛暑日。サントリーさんの粋な計らいで歩いて5分もない敷地内移動にバスを使用するという贅沢な体験をしました。

バスから見える工場

バスから見える工場です。

バスを下りるとすぐに工場の入り口に着き、エスカレーターで上にあがります。

上った先は麦汁を作る場所で、中はとても暑いんだとか。ガラス越しでも暑さが伝わってきます。

麦汁をつくるところ

CMで見るような光景。

あんまりネタバレするのもよくないので、工場内の写真はここまで。

他にも缶や瓶にビールを充填する場所があったり、醸造家の思いが表現されたプロジェクションマッピングがあったりとトータル30分ほど工場内で案内役のお姉さんの話を聞きながら見学しました。

お楽しみの試飲タイム

待ってましたの試飲タイムです。

サントリー渾身の神泡が魅力のザ プレミアムモルツをいただきました。

試飲は3杯までで、サーバーからお姉さんが注いでくださいます。

ビールとおつまみ

やっぱり美味しい!!泡がクリーミーでふわふわ!あっという間に1杯飲み干してしまいました。

2杯目以降はプレモルの 〈香る〉エールプレモルのマスターズドリームからも選べました。

香るエールとマスターズドリーム

アルコール度数が高い香るエールの方が口当たりがよく飲みやすかったです。

マスターズドリームは少し苦味がきつい大人の味。

結局私は2杯でストップ、夫は3杯しっかり楽しんでいました。

子供にはおやつとジュース

しまじろうのビスケット

長々と大人の趣味に付き合わされた子供には、ビスケットとジュースが振舞われました。

ジュースはもちろんなっちゃん。飲み放題です。

他にもお茶がありました。

息子はご機嫌でビスケットを食べておりました。

子供は楽しめたのか

まぁ、ビール工場なので…子供が楽しめるかどうかといわれるとそんなに楽しくはないのかもしれませんが、見たこともない機械を不思議そうに眺めたり、ダイヤモンド麦芽を美味しそうに食べたり、きれいな案内役のお姉さんにデレデレしたり息子なりに楽しんでいたみたいです。

終わった後、楽しかった!と言ってくれたので親としては一安心。

おゆき
おゆき
どんな所でも楽しんでしまう子供の能力ってすごい!

サントリービール工場ここがよかった

良かった点をまとめると

•無料で楽しめる
•サービスが行き届いてる
•スタッフが完璧
•ビールが美味しすぎる

無料で楽しめる

駅からのシャトルバスも無料なら工場見学も無料。しかもビールまで頂けると…まさに至れり尽くせりです。

無料で楽しませてもらったお礼に、お土産をいくつか購入しました。

ビールグラスとなっちゃんのコップ

息子が気に入ったなっちゃんのプラスチックコップと、夫婦で使う用にビールグラスをペアで購入。

他にもなっちゃんのTシャツやお箸、バッグの他プレモルのビールセットやおつまみなどが売っていて目移りするほどバリエーション豊かでした。

おゆき
おゆき
なっちゃんのTシャツちょっと欲しかった…

サービスが行き届いてる

前述しましたが、徒歩5分の工場まで暑いからと特別にバスを手配してくれていたり、こういう配慮がさすが一流企業だなーと感心しました。

スタッフが完璧

電話での予約時点から完璧で素晴らしい応対だったと夫が舌を巻いておりました。

今回見学ツアーまで30分ほど待ち時間がありましたが、その間も案内役のスタッフの方がツアーに参加する方一組ずつ声をかけて少しの時間楽しくお話ししたり、記念撮影を手伝ってくださったり。

そうすることで、見学する側と案内する側との信頼関係も生まれますし和やかにツアーが進行するんですね。

長く接客業をしてきましたがこういうスキルは見習わないとなぁと感心しました。

息子もきれいな案内役のお姉さんにデレデレでした。

ビールが美味しすぎる

まぁ、これは言わずもがなですがサントリーはお水にこだわってるんだよというお話を聞いたので、さらに美味しく感じることができました。

醸造家の方は多い日で1日2リットルもの試飲をするんだとか。

そんなに飲んで五感が狂わないのか?!と思いますが、そこはプロなんでしょうね。

これからも美味しいビールを作り続けて頂きたいです!!

こちらも読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です