こそだて

堺市のビッグバンをヘビロテユーザーが徹底解説!遊具からクーポン入手方法まで大暴露します!

ビッグバン

今回はあの「銀河鉄道999」の作者、松本零士さんがデザインし、名誉館長にもなっている堺市の大型児童館ビッグバンの紹介です。

タイトルにヘビロテと書いていますが、大げさではなくほんとにめちゃくちゃヘビロテしてます。

息子がビッグバン好きすぎて仕事が休みの日に月3.4回は通ってます。休みの半分はビッグバンです。なんなら年間パスも持っています。

おゆき
おゆき
今日どこ行くー??
むすこ
むすこ
ビッグバン!

我が家のあるあるです。

というわけで、ヘビロテユーザーだからこそ知っている混雑時期や、地元民だから知っている周辺の駐車場や食事関連、割引クーポンの入手方法、更にはビッグバンの対象年齢や遊具の紹介などなど盛りだくさんでお届けしますよ!

ビッグバンの混雑時期と混雑具合を知る方法

空いている時期と混んでいる時期

私の仕事は平日と日曜(祝日)がお休みなためどちらもビッグバンに行くことがありますが、空いているのは断然平日です。

逆に混むのは土日祝の昼以降。

また、暑い日や寒い日雨の日なども混みます。そしてお盆時期やGWなどの大型連休期間も激混みになります。

お盆時期

先日お盆時期に行った時の様子です。

ただでさえ混む日曜日の更に倍くらいの人で大混雑でした。

正直大型連休の時期はオススメしません。まともに遊べないですし特に小さな子供を連れている場合は大きな子が走り回っているので結構危険です。

我が家もこの日は1時間で子供がギブアップしてしまいました。

混雑具合を知る方法

ビッグバンは平日や土日祝問わず毎日のように団体予約が入っていて、多い日で1000人以上の団体客が来館する日もあります。

いくら平日でも1000人を超える団体客が来るとさすがに混雑するので、行きたい日の団体客の数を事前に調べておきましょう。

ビッグバンの公式サイトの団体客向けのページに月ごとの予約団体数と来館数がアップされています→こちら

また、団体客は14時をめどに退館する場合がほとんどなので14時以降はガラガラになります。

おゆき
おゆき
平日の14時以降は狙い目!貸切状態になることも。
休館日に注意

ビッグバンは基本月曜日が休館日ですが、大型連休や夏休み冬休みの時期は休み返上で開館してます。

その代わり、休み明けはがっつり平日が閉館となるので要注意!

平日に行くならまずはこちらでチェックしでくださいね!

ビッグバンの入場料金と割引クーポンの入手方法

ビッグバンの入場料金

大人 1,000円
小中学生 800円
幼児 600円
3歳未満 無料

となっています。

中で料理体験やワークショップ、各種イベント参加で300円から400円ほどかかります。

割引クーポンの入手方法

割引クーポンの入手方法は私の知る限り5つあります

  • コンビニで購入(1割引)
  • チラシについている(2割引)
  • 保育園や幼稚園、小学校の配布物についてくる(2割引)
  • 電車の運賃と入館料のおトクセット(15%〜約2割引)
  • JAF会員の優待(2割引)

コンビニで購入

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップの店内端末で当日でも購入できます。

でも割引率は一番低く1割引。

ちょっとお得感は薄いです。

チラシについている

ビッグバンのチラシ

2か月に1度のペースで南海電車の駅ラックやパンジョ2階の入り口、図書館や区役所に置かれるビッグバンのチラシ。

そのチラシの右上に2割引きクーポンがついている時があります。

おゆき
おゆき
付いていない時もあります。

なので、見かけたらすかさずゲットしておきましょう。

園や学校からの配布物についてくる

半年に一度くらいのペースで保育園から関西の色んな施設の割引券や無料体験案内の冊子をもらうんですが、そこにいつもビッグバンの2割引クーポンが付いています。

小学生の子を持つ友人に聞いたところによると、小学校からの配布物にもたまにビッグバンのクーポンが紛れているそうなので、夏休みや冬休みなど大きな休みの前は特に要チェックです。

電車の運賃と入館料のセット

南海電車と泉北高速鉄道どちらもビッグバンの入館料付き切符を販売しています。

南海の場合、乗る駅によって割引率が若干変わりますが約2割ほどお得です。

詳しい料金は こちら

そして、泉北高速鉄道はどの駅からでも一律15%オフとなっています。泉北ビッグバンきっぷの詳細はこちら

JAF 会員の優待

入り口でJAFの会員証と、JAFが発行しているJAF PLUS にあるクーポンを切り取って持参すると2割引の優待が受けられます。

JAFの会員の方は随時チェックしてみてくださいね。

一番安い近隣の駐車場とオススメの食事場所

ビッグバンは泉北高速鉄道の泉ヶ丘駅から歩いて5分の好立地で、雨の日でも駅から濡れずに行けるので個人的には電車での来館をオススメします。

近隣の駐車場、堺市の割に結構高い上に土日祝はすぐに駐車場いっぱいになるんです。

でも!わたしは車で行きたいんだ!というそこのあなた!

わかりました。そんなあなたに一番安い駐車場をお教えしましょう。

最大料金のある駐車場を選ぼう

一番おすすめの駐車場は、高島屋とパンジョに隣接する第4駐車場

他にも第2、第3、第5と駐車場はありますが、どれも最大料金の設定がなかったりあっても割高です。

おトクポイント

第4駐車場は1時間300円(以降200円/時)ですが、最大料金が平日900円 土日祝1000円な上、高島屋かパンジョで2,000円以上の買い物で2時間、10,000円以上の買い物で3時間無料になります。

ビッグバンで遊んで昼食や夕食をパンジョ内のレストラン街で済ませてしまう、あるいはユニクロやGAP、食料品売り場でお買い物をして帰る予定があるならかなりおトクになります。

ちなみにビッグバンにも駐車場がありますが、3時間700円(以降1時間ごとに300円)と結構高いのであまりオススメしません。

停められる台数も少ないので土日祝なんかは開館とともにいっぱいになることも。

遠くてもいいなら田園公園駐車場

田園公園駐車場は2時間200円 5時間600円 6時間以上1,000円と周辺では一番安い駐車場ですがビッグバンまでは少し距離があります。

ただ、この駐車場も高島屋とパンジョの割引サービスが受けられるので第4駐車場に停められなかった時の予備の駐車場として覚えておいてもいいと思います。

食事をする場所はたくさんある

ビッグバンは再入場可能なので、お昼時は手の甲にハンコを押してもらい外へご飯を食べに行く人を多く見かけます。

すぐ近くのパンジョのレストラン街にはがんこ寿司、鎌倉パスタ、大戸屋、梅の花、焼肉屋、とんかつ屋、ラーメン屋にうどん屋、お好み焼き屋、などなどバリエーションに富んだお店が入っていますし、高島屋 泉北店内にもいくつかカフェが入っていて食べるところには困りません。

おゆき
おゆき
中でも焼肉屋昌久園は市外から食べに来る人がいるほどの人気店です。

また、ここ数年で駅前の開発が進み新しくラーメン屋やうどん屋、食パンで人気の泉北堂ができ、更にスタバまでオープンしました。

駅前の店舗情報はこちら→泉ヶ丘専門店街公式サイト

ロッテリアやマクドナルドなども近くにありますし、成城石井や高島屋の食料品売り場でお弁当やお惣菜を買うこともできます。

ビッグバンの中でも飲食は可能

ビッグバンの飲食スペース

外に食べに出る人は多いですが、ビッグバン内でも3階の奥に持ち込み可能な休憩室があります。

外のテラスでも食事ができるので天気のいい日なんかは外のベンチで食事をとる家族も多いですよ。

手作りのお弁当を持ってきている人もいますし、近所のコンビニやスーパーで買ってきたお弁当を食べている人もいます。

館内には自販機もあるので飲み物は現地調達可能です。

館内のレストランは土日祝のみ営業

1階入口を入ってすぐ左に小さなレストランというか喫茶店みたいなところがあり、軽食が注文できます。

ただ、営業は土日祝のみで昼時はいつも混んでいます。

ビッグバンの遊具や雰囲気を一部紹介

広い館内の1階から順番にオススメを紹介していきますね。

1階のロッカーで荷物を預けよう

インフォメーション

1階には受付とインフォメーション、土日祝のみ営業している喫茶、グッズ販売やこども劇場、ロッカーなどがあります。

インフォメーションではベビーカーを預かってもらえたり、各種イベントのチケット購入もできます。

ロッカーは100円を入れてのちに返却されるタイプで、3階、4階にも設置されていますが数は少なめ。土日祝になると空きがないことも多いので一番ロッカー数の多い1階で預けるのがオススメです。

こども劇場では主に土日にマジックショーや紙芝居他いろんな催しが開催されています。

詳しい時間やイベント内容はビッグバンの公式サイトに記載されているので要チェックです。

2階の電子動物園が面白い

電子動物園

入館すると、ポヨンポヨンと面白い音が館内に響いていますがその音の正体は2階の電子動物園です。

紙に描いた自作のイラストが大画面に現れ、縦横無尽に動き回ります。その動き回る時の音ががポヨンポヨンと館内に響いているんです。

このイラスト、登録しておけば半年は再度呼び出せるので次回来た時にも楽しめます。

2階は他にも3歳までの幼児コーナーや絵本コーナー、ワークショップの部屋やキッチン体験の部屋、工作が楽しめる場所などがあります。

3階には巨大なワニがいる

巨大なワニ

ビッグバンのシンボル的存在のマチカネワニ。大阪に昔生息していたとか…

おゆき
おゆき
初めて見る子は怖いかも。

このワニ、体の中に入ったり歯を抜いたり…いろいろ楽しめます。

歯が抜かれたワニ

いつもこんな可哀想なことになっています。

3階には他にも巨大な遊具があり、トランポリンがあったり洞窟があったりクライミングできたり滑り台があったりとここだけでもかなり楽しいです。

そして、この階にも幼児コーナーがあり小さめの滑り台や木のおもちゃがたくさん置いてある木育コーナーもあります。

中でも人気なのは「木のすなば」

木のすなば

いつも子供達でいっぱいの大人気スポットです。

ちなみに、この階に飲食可能な休憩室と授乳室があります。

4階はレトロ感が味わえる

レトロな街並み

え?!ここどこ?!ってなりますが、ビッグバンの4階です。

昭和30年代の街並みを再現したコーナーがあり、コマや紙飛行機、けん玉や輪投げなども楽しめます。

コマはやり方がわからなくても大丈夫。ちゃんと近くにいるスタッフの方が教えてくれますよ!

おゆき
おゆき
教えてもらっても不器用な私は一度も成功してません!!

将棋やお手玉など昔懐かしのおもちゃでたくさん遊べる和室もあります。

和室

4階は全体的にバラエティに富んでいて、他にもおもちゃのからくりが学べるコーナーやシミュレーションシアターなんかもあります。

2階や3階とはまた雰囲気がガラッと変わるので、飽きずに遊べますよ!

遊具の塔

小学生くらいの子供が一番楽しめるのは断然ここ、遊具の塔です。

ここは4階から8階までの空間が全てジャングルジムになっています。

4階から入り、入り口でヘルメットをもらってから遊びます。

3歳くらいでも保護者同伴なら遊べなくもないですが、大人が入るにはかなり窮屈で子供も怖がるので2歳児の息子は断念しました。

でも、年中さんや年長さんくらいからなら楽しめると思います。

8階は展望台

遊具の塔で遊べる年齢ではなくても、ぜひ行ってもらいたいのがこの塔の8階です。

エレベーターでしゅーっとあがると、そこは展望台のようになっています。全面ガラス張りで泉北ニュータウンが一望できました。

8階展望台

天気のいい日は是非、遊具の塔の8階にも足を運んでみてくださいね!

ビッグバンは何歳から楽しめる?

ビッグバンのワニ

“何歳から遊べるか”と聞かれると赤ちゃんが遊ぶスペースもあるので0歳から遊べます!と答えますが、“楽しめる”のは自分で歩いたり走ったりできるようになる1歳半過ぎからだと思います。

館内にあるすべての遊具やイベント、ワークショップを本気で楽しめるのは4、5歳くらいからでしょうか。

幼児が楽しめる場所、小学校に入る前くらいの園児が楽しめる場所、小学生が楽しめる場所、そしてみんなが楽しめる場所がうまく合わさっているので、どの年齢の子でも満足できるのがビッグバンのいいところです。

土日になると併設のこども劇場で紙芝居やマジックショーなどが開催され、年齢問わずみんなが見に来ます。

年の離れた兄弟でも楽しめますし、大きくなっても何度も訪れたくなるのがビッグバンです。

おゆき
おゆき
交通の便もいいのでぜひ一度遊びに行ってみてくださいね!
こちらも読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です